大阪・和歌山を中心に活動する建築事務所 『Studio REI 一級建築士事務所』のサイトはこちら
↓ ↓ ↓
Studio REI 一級建築士事務所のホームページへ 忍者ブログ
『 REI 』の気まぐれ日記
建築事務所『Studio REI』の代表“TaKe”が携わる仕事や日常の生活を気まぐれに書き綴った日記です。
07

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




既に5日を経過しておりますが・・・

ようやく8月最初のアップとなりました



ここ一週間程、何かとドタバタしていて

結果的にサボってしまいました



さて・・・

こちらも約1ヶ月ぶりですが・・・

『ツナグ家』
前回の記事


前回の内装仕上げ工事を経て、

いよいよ完成レポートです
(もう少し細かい部分も紹介出来れば良かったのですが


P1080939.JPG







こちら外観全景。 
(外構工事前ですが・・・)

今回はシックな黒のガルバリウムスパンと

木質で落ち着いた「和モダン」テイスト。

P1080941.JPGP1080942.JPG










お馴染みになってきた化粧列柱も

今回も良いアクセントに


P1080970.JPG










先ずは「リビング」

勾配天井の吹抜で開放感いっぱいです。

P1080967.JPGP1080966.JPG










逆方向のアングルも・・・

今回1階の床には、無垢のアッシュを使用。

床暖対応で150㎜幅。

何とも贅沢な仕様ですが、実物はさすがの質感です

P1080955.JPGP1080953.JPG










キッチン側からも・・・

ちょっとお手入れ大変ですが、

モダンでシックなステンレスのキッチンもイイ感じです。


それと、こちらもお馴染みになってきましたが・・・

P1080972.JPGP1080951.JPGP1080948.JPG










REIの“適材適所収納”も今回はしっかり確保です!

収納は量だけ多くてもダメ。

必要な場所に必要な量を計画。

当たり前の様で、意外に出来ていないお家って多いデス

P1080977.JPGP1080975.JPG










併せて、裏動線もしっかり確保

回遊動線の中に、2way~3wayの用途を持たせる

のもREIのプランの特徴です。


諸条件や住まい手の希望で、プランって全く違いますが・・・

当たり前の様な条件や一見複雑かの様な要望を紐解いて、

発想し、住まい手に気付いてもらう。

これを心掛けています



次回へつづく。


 

 
 
  ↓ ランキング投票 ↓  になります。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ     blogram投票ボタン
にほんブログ村 

いつも、有難うございます!
おかげさまで、励みになっていますm(_ _)m 
どちらも、『ポチッ』と宜しくお願いします

 
 
 

拍手[2回]

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
TaKe 嶽下 康弘(タケシタ ヤスヒロ)
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/07/05
職業:
一級建築士
趣味:
グルメ、ジョギング、ファッション、お笑い、パソコン、ギター、イタリア等
自己紹介:
大阪・堺市の建築事務所
『Studio REI』 の代表です。

ブログは気まぐれですが、
気楽に続けようと思います。

コメントやリンクも
お待ちしております(^_^)v
最新コメント
[03/27 KennethBof]
[04/28 Take]
[03/14 かな]
[04/07 Take]
[04/07 HAL]
[03/13 Take]
[03/11 haru]
[10/04 Take]
[10/03 HAL]
[07/02 Take]
[06/30 かな]
[02/05 Take]
[02/04 きままなマーシャ]
[02/01 Take]
[02/01 Take]
ブログ内検索
アクセス解析

843  842  841  840  839  838  837  836  835  834  833 
イタリアンディナー。 『LX2 house』 Vol.9 現場確認。
忍者ブログ [PR]