大阪・和歌山を中心に活動する建築事務所 『Studio REI 一級建築士事務所』のサイトはこちら
↓ ↓ ↓
Studio REI 一級建築士事務所のホームページへ 忍者ブログ
『 REI 』の気まぐれ日記
建築事務所『Studio REI』の代表“TaKe”が携わる仕事や日常の生活を気まぐれに書き綴った日記です。
09

1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はぁ~ さすがに昨日は疲れました

『横浜 山手西洋館』巡り・・・

沢山見学してきたので、何回かに分けてレポートしますね

P1020104.JPG
心配していた天気も

台風が過ぎて、快晴

飛行機からの眺めもサイコーです。

羽田空港到着後はバスで山下公園方面へ移動

そこからは、全て徒歩で移動となります

P1020105.JPG
西洋館へ行く前に、

迎賓館の前を通ったので、

まずは1枚

そこから15分くらい歩いて、

P1020107.JPG
「港の見える丘公園」へ到着!

ここが西洋館巡りのスタートに

なります。

P1020106.JPG
折角の眺めなので、

ここでも1枚

奥に見えるのが「横浜ベイブリッジ」!

少し休憩してから、最初の館へ・・・

P1020108.JPG

1番目。『横浜市イギリス館』へ。




(イギリス館は、昭和12(1937)年に上海の大英工部総署の設計によって、
英国総領事公邸として、現在の地に建てられました。
鉄筋コンクリート2階建てで、広い敷地と建物規模をもち、
東アジアにある領事公邸の中でも、上位に格付けられていました。
主屋の1階の南側には西からサンポーチ、客間、食堂が並び、
広々としたテラスから芝生の庭につながっています。
2階には寝室や化粧室が配置され、広い窓から庭や港を眺望できます。
地下にはワインセラーもあり、東側につく付属屋は使用人の住居として
使用されていました。
玄関脇にはめ込まれた王冠入りの銘版(ジョージⅥ世の時代)や、
正面脇の銅板(British Consular Residence)が、旧英国総領事公邸で
あった由緒を示しています。昭和44(1969)年に横浜市が取得し、
1階ホールはコンサートに、2階集会室は会議等に利用されています。
また、平成14(2002)年からは2階展示室と復元された寝室を一般公開しています。)

P1020119.JPG

こちらが、ファサード。





P1020111.JPGP1020113.JPG








さすがは総領事公邸。豪華なしつらえでした。

P1020116.JPG

模型も展示されていました。






続いて、2番目。
P1020120.JPG

『山手111番館』。




(イギリス館の南側、噴水広場を挟んで立っている
スパニッシュスタイルの洋館が、山手111番館です。
ワシン坂通りに面した広い芝生を前庭とし、
ローズガーデンを見下ろす建物は、大正15(1926)年に
アメリカ人ラフィン氏の住宅として現在地に設計されました。
設計者は、べーリック・ホールを設計したJ.H.モーガンです。
玄関前の3連アーチが同じ意匠ですが、こちらは天井がなく
パーゴラになっているため、異なる印象を与えています。
大正9(1920)年に来日したモーガンは、横浜を中心に数多くの
作品を残していますが、山手111番館は彼の代表作の一つと言えるでしょう。
赤い瓦屋根に白壁の建物は地階がコンクリート、地上が木造2階建ての寄棟作りです。
創建当時は、地階部分にガレージや使用人部屋、1階に吹き抜けの
ホール、厨房、食堂と居室、2階は海を見晴らす寝室と回廊、
スリーピングポーチを配していました。横浜市は、平成8(1996)年に敷地を取得し、
建物の寄贈を受けて保存、改修工事をおこない平成11(1999)年から一般公開しています。
館内は昭和初期の洋館を体験できるよう家具などを配し、
設計者モーガンに関する展示等もおこなっています。
現在、ローズガーデンから入る地階部分は、喫茶スペースとして利用されています。)


P1020121.JPGP1020139.JPG








それほど大きな館じゃないんですが、

吹抜けとキャットウォークの高さ感の比率が

絶妙で、すごく広く見えました。

P1020123.JPGP1020132.JPG








P1020133.JPGP1020146.JPG








庇部分の持ち出しが、どこか日本風でした。

異国文化との融合ですね。

P1020128.JPG


ここにも模型、ありました!



次回へつづく・・・



 ↓ ランキング投票 ↓  になります。
にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ     blogram投票ボタン
にほんブログ村 

 どちらも、『ポチッ』と宜しくお願いします

拍手[0回]

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
TaKe 嶽下 康弘(タケシタ ヤスヒロ)
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/07/05
職業:
一級建築士
趣味:
グルメ、ジョギング、ファッション、お笑い、パソコン、ギター、イタリア等
自己紹介:
大阪・堺市の建築事務所
『Studio REI』 の代表です。

ブログは気まぐれですが、
気楽に続けようと思います。

コメントやリンクも
お待ちしております(^_^)v
最新コメント
[03/27 KennethBof]
[04/28 Take]
[03/14 かな]
[04/07 Take]
[04/07 HAL]
[03/13 Take]
[03/11 haru]
[10/04 Take]
[10/03 HAL]
[07/02 Take]
[06/30 かな]
[02/05 Take]
[02/04 きままなマーシャ]
[02/01 Take]
[02/01 Take]
ブログ内検索
アクセス解析

175  174  173  172  171  170  169  168  167  166  165 
横浜レポート Vol.2 今から…
忍者ブログ [PR]